2017年4月10日月曜日

見えない部分が、人にとって大事

家づくりが大好き家族の健康をプロデュース ママ建築士 ココチの家 原田恵美です。
京都市西京区 注文建築・リフォームをママ目線で設計・提案・工事させて頂いています


春 ♪♪ 暖かくなり、自転車や歩いて出かけるのが楽しい季節になりましたね ♪♪

昨日、小さなお子さんがいらっしゃる部屋の床が、ブカブカするとご相談を頂き、床の部分補修をさせて頂きました。

床をめくってみると断熱の性能が不足している事と、壁と床がつながっていて、壁からの空気が出入りしていて、床がかなり寒い事が確認できます。


今回は30センチ×2メートル弱の部分の補修で、断熱補強は意味をなさない為に、断熱補強は行わず、今までに入っていた断熱材を戻しました。


ブカブカした部分は、床の下地を最初の倍に補強し、フローリングを新しく張り替えしました。















リフォーム工事を行わせて頂く際に、お客様とお話しさせて頂く中でよくお話しする事が

換気を効率よくして頂く事 →湿度・二酸化炭素等の排出→アレルゲンのダニが育たない環境に近づける

足元を暖かく→人が暮らす中で常に建物に接触しているのが足 
          冷えると血流もにぶりだし、自己治癒力が下がってしまったりします。

床が冷たいと、子供達の健康に大きく影響してしまう事→過去に書いた床と健康のブログ

※4月1日からエネルギーの料金が上がっていますのし、できる限りエネルギーを使わずに、健康で快適な暮らしのお話しもさせて頂いたりと・・・

換気等の今すぐできる対応は具体的に

「この窓から空気が入るように、少し開けておいて、換気はここを常に回して下さい」

等とお話しさせて頂いています。

見えない部分の大切さを、お伝えして健康に快適暮らして頂けるようにしています。

「床の暖かさの為の次の対策もご相談させて下さい」と嬉しい一言を頂きました。

子供から大人までが、健康で快適に暮らして頂けるように、お一人お一人に伝えていきたいと思います。



有難うございます


家づくり大好き ココチの家 原田恵美

京都市西京区川島寺田町18

TEL075-381-3507 info@cocochinoie.jp





2017年4月6日木曜日

ママを心配する子供の姿

家づくりが大好き家族の健康をプロデュース ママ建築士 ココチの家 原田恵美です。
京都市西京区 注文建築・リフォームをママ目線で設計・提案・工事させて頂いています

今日は、月に一回の経営の勉強会
大阪からの帰り道の電車の中の事

子連れのママが、今にも倒れそうな青白い顔で電車に乗ってこられた

電車は満員

立っておられたけど、途中で体調が悪くなられた

その様子を見ていた子供達が、大丈夫と声掛けしておられたので、座っておられる方に席を譲って頂けるようにお願いをして変わってもらった。

子供さんに話かけると、答えてはくれるものの、心配で仕方がない表情

その顔を見て、10年前に家の温度差によって脳の手術を受けた後の我が子の顔を思い出した。

親が元気でないと、子供達の不安は底知れぬ不安になる。

子供達に心配かけないようにしたいと思う。

子供が元気がないと、親は心配だけど・・・

親が元気でないと、子供達は大人が想像する以上に不安だと思う

家族が元気でこそ、家族みんなが楽しく過ごせる

子の心配、親知らず そんな事を考えさせられた

有難うございます



ココチの家 http://cocochinoie.jp
info@cocochinoie.jp TEL0753813507



2017年4月1日土曜日

忘れられた、花粉症

家づくりが大好き家族の健康をプロデュース ママ建築士 ココチの家 原田恵美です。
京都市西京区 注文建築・リフォームをママ目線で設計・提案・工事させて頂いています


昨日、花粉について書かせて頂いきながら、こんな事を考えていました


「そういえば、あのお客様花粉症っておしゃってたのに、何度お会いしてもマスクもしてはらへんな」


本日、お目にかかる事があり、こんな質問をしてみました


「以前、花粉症っておしゃってませんでしたか?」


「はい、花粉症です」


「花粉きついですけど、最近マスクしておられないですよね」



「あっ!!ほんまや、どうむない!!」



「ご主人もって、おしゃってましたがどうですか?」



「主人も大丈夫です。外に長時間いる時だけ、目はかゆいと言ってましたが、その他の時は大丈夫です・・・」


「えっ!えっ!えっ----気が付かへんかった」



とこんなうれしい会話をさせて頂きました


お客様が健康で楽しくイキイキ暮らして頂ける事が、何よりうれしいです♡


ありがとうございます

ココチの家 http://cocochinoie.jp
info@cocochinoie.jp TEL0753813507












2017年3月30日木曜日

花粉から考える日

家づくりが大好き家族の健康をプロデュース ママ建築士 ココチの家 原田恵美です。京都市西京区 注文建築・リフォームをママ目線で設計・提案・工事させて頂いています



週明けに出勤してきたスタッフ
 
声が出てません・・・
 
 
 
風邪でなく、花粉症だと診断を受けたとのこと
 
 
去年は、こんな症状じゃなかったので、まわりのスタッフはかなり心配している
 
 
 
今日の、お昼に車で出かけたのですが、気温は高く窓を開けて走行すると・・・
 
 
 
喉が痛い。
 
 
 
花粉症ではないけれど、外に出ると結構体は正直に反撃をしているのかもしれない
 
 
 
少し前は、春と秋は窓を開けて心地よく過ごせた記憶が残っている
 
 
 
ここ数年この時期、会う人会う人が花粉で悩んでおられる
 
 
 
現実に窓を開けて、快適さを求める世の中ではなくなっている
 
 
 
春も秋も、健康でいるには今までの当たり前から考えた住環境では難しいと思う。
 
 
 
やっぱり、一人でも多くきちんとした換気・気密・断熱でバランスを取って健康に暮らしてもらいたいと願う
 
 
 
特に、小さな子供達は、このような環境で数十年暮らしたときにどうなるのか
 
 
 
起こってから考えるのではなく、予見できる事は手を打つのがプロではなかろうか。
 
 
 
 
お一人でも良い住環境で住んでもらえるように、お一人でも多くお伝えできるように頑張って行こう!
 
 
 
そんな事をふと思った、花粉あふれる今日この頃です
 
 
ありがとうございます
 
ココチの家 http://cocochinoie.jp
info@cocochinoie.jp TEL075-381-3507
 
 
 

2017年3月28日火曜日

私たちの基準♡

家づくりが大好き家族の健康をプロデュース ママ建築士 ココチの家 原田恵美です。京都市西京区 注文建築・リフォームをママ目線で設計・提案・工事させて頂いています


2017年2月のスウェーデン&ラトビアへの出張へ行く際の個人的な希望♡♡♡

①極寒のスウェーデンを体感してみたい

②一般的なスウェーデンの住宅の冬を体感してみたい!

③雪が降り積もるストックホルムを見てみたい!

こんな、個人的な目標を持って出発してみました。


以前から「スウェーデンの住環境は、過剰じゃないのか?」とか、「何でスウェーデン?」等とよく質問を受ける事が多く


きっと、スウェーデン=北海道より更に雪深い国と思われている

「雪も降らん地域で何で、スウェーデン??」という疑問がわくのも当然と思っている。


私も、実際雪深いだろうと思っていたのも事実

だったら、自分の目と体感で確かめたいと思っていたので、ワクワクで空港を出ると・・・
















結果は、ストックホルムの川は凍っているけど、気温は京都とほぼ同じ


ストックホルムやヨテボリでは、雪が20㎝積もるとパニックが起こる程、雪は珍しいとのこと・・・


北の地方は、-10度以下の地域はあるが、首都ストックホルム等雪が降らないから、温度が高めだからと、断熱や気密や換気をおろそかにしていいという事はない。

 

スウェーデンが雪国か、どれだけ寒いかが問題ではなく

「いかに子供達や孫の世代に、どれだけ環境負荷を与えないか」

「一番は人の健康!体が弱い子供達やお年寄りの健康も真剣に考える」

そうゆう、人を大事にするスウェーデンを見習い、私たちを信頼しておまかせ頂くお客様にも健康で毎日楽しく過ごしてもらいたいなと、家づくりをさせて頂いています♡

毎年行っていても、更に進化しているスウェーデン。

②の一般的なスウェーデンの住宅の冬を体感してみたい!という希望も叶えることができて、100年前に建てたられたお家に住んでおられる方のお家に訪問させて頂いたのですが、玄関から暖かく、快適な住環境でした。

びっくりでした


日々進化するスウェーデンですが、私たちも見習いよりよい住環境をお届けできるように、頑張ります♡


有難うございます


http://www.cocochinoie.jp
info@cocochinoie.jp
075-381-3507



















2017年3月27日月曜日

スタッフの子供達が来てくれる春休み♡

家づくりが大好き家族の健康をプロデュース ママ建築士 ココチの家 原田恵美です。京都市西京区 注文建築・リフォームをママ目線で設計・提案・工事させて頂いています

春らしい陽ざしの週明けですね

子供達は春休み♪

スタッフの子供達も、春休みの小学生がいます。


ココチの家でレッスンをされている講師の先生方も、春休みの子供達が参加できる機会を用意して下さっていて、スタッフも勤務を調整しながら、子供達をレッスンに連れてきて参加しています。

今日はリトミックの体験レッスンに来てくれました。

スタッフも子供達も楽しそう。















スタッフが、子供を連れて出勤してくれる事も楽しみの一つ♡

「大きくなったらココチで働く♪」

って言ってくれる子供もいて、ほんとに嬉しい限りです♡


子供達が元気でイキイキと毎日暮らしてくれるように、更にがんばるぞ~っと勇気を沢山くれる子供達♡

子供達の元気の為に、未来の為にココチの家は、ママスタッフと共に力合わせて頑張ります!

有難うございます

http://www.cocochinoie.jp
info@cocochinoie.jp
075-381-3507












2017年3月22日水曜日

愛が伝わる手作りを改めて考える機会に

家づくりが大好き家族の健康をプロデュース ママ建築士 ココチの家 原田恵美です。京都市西京区 注文建築・リフォームをママ目線で設計・提案・工事させて頂いています

今回の旅の目的の一つが、家具屋さんを訪問する事がありました。

ストックホルムでのファニチャーフェアでお会いした、二軒の家具屋さんの工場に訪問させて頂きました。

1軒目は、病院や福祉施設向けの家具を主に作っておられるAlbin社さんへ




















Albin社創業者が最初に販売した椅子が飾ってありました。


この会社は、一つ一つの工程を職人さんが手作りで作っておられました。















以前のブログにも書いたのですが、ベットから車いすの生活でも、リビングで家族と一日過ごす為の椅子があることに非常に感動しました。

スウェーデンから学ぶべきところは、生まれてから命を全うするまで、人が人らしく生きるという事を、想像ができないくらい真剣に考えているところです。


一本の木から、人の快適性を考えて木を削り出す。

座った時のココチ良さから、職人さん達の心が伝わってくるように感じます。





















この椅子、もう製造されないそうですが、座りごこちも最高で、そして加工技術が素晴らしかったです。

















次に訪問したのがSTOLAB社

こちらの会社の社長さんは30代、スタイリッシュなデザインが素敵

こちらは、ある作業はロボットが行っていました。

この椅子は座りごこちはよくないよ。何故なら、靴を履く為の椅子だから」

何の為の家具かをはっきりさせて、人の目的が達成しやすいようにと作られている

※スウェーデンの家の中では、靴を脱いで生活します。

二社を訪問させて頂き、大量生産とは程遠い作り方の大事さ、物を大切に作り、家族が歴史を家で刻んでいく事の大事さを教えられたような気がします。

スウェーデンにも、世界中に家具を大量に販売している会社がありますが、貴重な物を時間をかけて購入し、時間をかけて家族にとってかけがえのない物にしていく。
そんなストーリーが生まれて来る物も、増えて行く生活も大事だと改めて感じる機会になりました。

日本もスウェーデンも、一つ一つ大事に作るという文化のある国。

子供達にも、しっかりと伝えていきたいなと思います。




有難うございます。



家づくり大好き ココチの家 原田恵美

京都市西京区川島寺田町18

TEL075-381-3507 info@cocochinoie.jp